私たちの安心の暮らしを、企業の安定した経営を、保険でサポート!

営業時間 9:00〜19:00(土日祝休み)

上記時間外でも、連絡可

〒770-8008 徳島市西新浜町1丁目6-34

  1. 【自転車】自転車の交通違反取り締まりが、厳しくなりました
 

【自転車】自転車の交通違反取り締まりが、厳しくなりました

2015/06/11

自転車は自動車のような反則金を払う『青切符』がなく、刑事責任を負う『赤切符』のみ。ほぼ不起訴で野放しでした。

そこで、周知のように6月1日施行の改正道路交通法によって、自転車による交通違反の取り締まりがかなり厳しくなったのです。

 

自転車で危険行為を繰り返すと、安全講習の受講が義務付けられました。

対象は14歳以上の運転手で、14項目の危険行為を繰り返した場合。

 

3年間に2回以上の違反があると受講命令が出されます。

手数料は5700円。講習は3時間、最後にテストあり。

命令から3カ月以内に受講しないと、裁判所への呼び出しの上、5万円以下の罰金です。

 

 

■14項目の危険行為とは

1.信号無視

  右折する時は要注意。左側車線から2段階右折をする必要があります。

 

2.遮断機が下りた踏み切りへの進入

   

3.指定場所一時不停止等

  『止まれ』の標識や赤点滅で止まりましょう。自転車を止めて足を地面に付けることが必要です。

 

4.歩道通行時の通行方法違反

  基本的に自転車は車道を走りますが、以下の例外があります。

  ○『自転車通行可』の道路標識、『普通自転車通行指定部分』の道路標示がある歩道

  ○運転者が13歳未満もしくは70歳以上、身体に障害を負っている場合。

  ○安全上やむを得ない場合(路上駐車車両が多く右側に避けることが困難、自動車の交通量が多く車道が狭い場合等)

 

5.制動装置(ブレーキ)不良自転車の運転

 

6.酒酔い運転

 

7.通行禁止違反

  一方通行、指定方向外通行禁止、時間指定の通行禁止等の違反のことです。

 

8.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

  歩道では歩行者がいなくても徐行する必要があります。徐行とは『人が歩く位の速度』です。

 

9.通行区分違反

  片側1車線の道路は、車線の中央よりも左側を走ります。

  片側2車線以上の道路は、一番左の車線の左寄りを走ります。

 

10.路側帯通行時の歩行者の通行妨害

   路側帯とは、歩道がない道路で、道路上に白線を引いて歩行者用の道路を設定している部分です。

   (ちなみに、歩道とは、ガードレールや縁石で車道と区切られた歩行者用の道路です)

   路側帯は基本的に通行できますが、以下の場合は禁止行為となります。

   ○著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合(歩行者を立ち止まらせたり、飛び退いてしまう位に横切ること) 

   ○二重の白線で表示された路側帯は『歩行者専用路側帯』となるので自転車は走れません。

 

11.交差点での安全進行義務違反等

   悪天候時、夜間、見通しの悪い場所等では、徐行や一時停止をする必要があります。

   これらを怠って事故が起きた場合は、責任を問われることとなります。

 

12.交差点優先車妨害等

 

13.環状交差点での安全進行義務違反等

 

14.安全運転義務違反

   明示されてはいませんが、以下のことが想定されます。

   ○スマホ等の操作や読書しながらの『ながら運転』

   ○傘をさしての運転。レインコートを着用してください。

   ○イヤホン等により、外部の音が聞こえない状態での運転。

   ○2人乗り(幼児用の小型座席に乗車させる場合を除く)

   ○無灯火運転





(警察庁ホームページより)






 お気軽にご相談ください

  株式会社 アワーサポート 

  TEL 088-636-1717 FAX 088-636-1670

         〒770-8008 徳島県徳島市西新浜町1丁目6-34

   営業時間:9:00〜19:00(土日祝日休み)

   上記以外の時間も連絡可

会社概要・アクセスはこちら


ご相談・お問い合わせはこちら