私たちの安心の暮らしを、企業の安定した経営を、保険でサポート!

営業時間 9:00〜19:00(土日祝休み)

上記時間外でも、連絡可

〒770-8008 徳島市西新浜町1丁目6-34

  1. 高野山 奥之院
 

高野山 奥之院

2017/11/04

奥之院の入口です。すぐに一の橋がかかっています。

 

ほら貝のような「あゝ同期の櫻の塔」が目立ちます。海軍第14期生、戦死者400余名、神風特攻隊100余名を供養します。

 

空海はいまなお奥之院の廟で入定(瞑想)しているとされています。

 

釈迦の入滅(死去)から56億7000万年後に現れる次代のブッダである弥勒菩薩を待っています。

 

様々な戦国武将や大名の墓石、供養塔が並んでいます。みんな弥勒菩薩を待っているのです。

 

入口すぐに武田信玄。

 

徳川家も。

 

姪が「みっちゃん」と呼ぶ、石田三成も。

 

豊臣家墓所です。

 

織田信長の供養塔です。もちろん明智光秀供養塔もあります。

 

崇源夫人(江姫)は墓石群の中で最も大きく「一番石」とも言われます。大河ドラマ「江」を見ていました。懐かしい…

 

もちろん、阿波藩の蜂須賀家正勝・至鎮(よししげ)の供養塔も健在です。

 

庶民の小さな墓石が木の幹にひっそりと置かれています。

 

こちら無縁塚。身寄りのない人の供養のため、小さな石塔を積み上げていくうちに、大きなピラミッドになりました。

 

敵も味方も庶民も関係なく、仲良く弥勒菩薩のご利益を待っています。画像は仲良し地蔵。

 

この厚化粧の地蔵が異彩を放っています。だんだん化粧が派手になってきました。

 

昔は大名、今の流行りは企業の墓石。

 

コーヒーカップがシャレオツ、UCC上島珈琲鰍フ墓石。



道行く人が一目する、新明和工業鰍フロケット墓。

 

しろありの供養も。

 

写真業界先賢萬霊之碑はユニークで、幾多もの顔写真が焼き付けられております。

 

花菱アチャコ句碑にある落書塚。らくがきでいっぱいです。

 

東日本大震災物故者慰霊碑もあります。

 

紅葉の季節で観光客でいっぱいの奥之院。

 

かなり広く、疲れます。

 

御廟橋の前に休憩所があります。中では僧侶による法話が頻繁に行われています。

 

「皆に知られてないけれど実は…」的な知識や作法などを教えてくれます。とにかく話し上手。皆が引き込まれています。

 

御供所です。時刻は10時過ぎ。人だかりができています。「弘法大師の食事運び」待ちの人々。

 

10時30分、出てきました。1000年以上毎日行われている弘法大師への食事運びです。

 

御廟橋の向こうへ食事が運ばれて行きました。これから先は霊域となり、写真撮影は禁止です。

 

今もなお正座し瞑想し続けているとされる空海です。

ですが、正史である「続日本書紀」には、空海の遺骸が荼毘に付された(火葬)と書かれています。

 

弟子の実慧(じちえ)も手紙で「火滅す…嗚呼哀しいかな」と嘆いています。どうやら火葬されたようです。

では、奥之院で入定し、今なお祈っているとはどういうことでしょうか。

 

空海の死から高野山は衰退していきます。死後80年が経って、ついに無人にまで退廃したそうです。

 

そこで東寺の観賢(かんげん)は、一念発起し、空海に大師号が贈られるよう尽力します。

 

空海の死後87年が経って弘法大師という称号が与えられました。

空海は自分が弘法大師と呼ばれていることを知らない、ということになりますね。

 

観賢は、大師号と袈裟も届けるため、空海の廟の中に入りました。

そこで観賢は見たのです。空海が生きているときと同じ姿で瞑想している姿を!!

 

 

空海がいまなお祈っている!「空海復活!!」の瞬間です。それがどれだけ日本人を勇気づけたか。

以後、日本全国で幾多もの伝説が発生します。

 

日本のあちこちで杖を突いて水を噴き出させたり、悪人をこらしめたり、大蛇を退治したり…。

 

貧しい格好した僧にいじわるすると、その僧が実は弘法大師であり、天罰が下るという話もよく聞きました。

 

生前の空海が密教者として、雨を降らせたり、ダムを造ったり、学校を作ったり、色んなことができました。

オールマイティーだった空海。だから、弘法大師伝説も多岐にわたります。

 

 

ということで、空海の生前の伝記は空海と著して、死後に発生した伝説は弘法大師にして区別しています。

 

これらの弘法大師伝説は、勧善懲悪の教えになったり、人々の救いになったり、その役割、影響力を発揮してきました。

日本の歴史の重要な一部分でもあると思います。

 

 

それもひとえにカリスマ空海の成せること。空海は日本の歴史の時空を超えたスーパースターであり、特別な存在。

各種の伝説も、神格化された空海でないと伝わらないのです。

 

古からの先人が歩いてきた四国遍路を、今、私が辿り、そして未来には後輩たちがまた訪れ続けることでしょう。

「同行二人」という弘法大師空海への信仰を礎にして、歴史は刻々と流れていきます。

 

 

納経所にて「結願ですね」と笑顔で声をかけられ、まだ88番だけが残っている旨を答えました。

レアケースのようです。








 お気軽にご相談ください

  株式会社 アワーサポート 

  TEL 088-636-1717 FAX 088-636-1670

         〒770-8008 徳島県徳島市西新浜町1丁目6-34

   営業時間:9:00〜19:00(土日祝日休み)

   上記以外の時間も連絡可

会社概要・アクセスはこちら


ご相談・お問い合わせはこちら